トップ > 製品の特徴

製品の特徴

製品の特徴

全般

製造業の原価計算、管理会計に特化

ProSeeは、製造業の原価計算、管理会計に特化し、お客様ニーズをつきつめました。
下記の業種に対応します。

  • 電気機器、産業用機械、自動車部品、電子部品、プラスチック加工、医薬品、食品 など

フレームワーク製品という新発想

ProSeeは、形が決まったパッケージ製品ではありません。
オーダーメイド(スクラッチ開発)でもありません。
製造業の原価計算、管理会計の標準機能群を提供し、マスタ類の設定でお客様業務にフィットさせることができる
フレームワーク製品です。

実務ユーザー視点の機能設計

本システムの設計は、製造業の経理部門、生産管理部門の実務出身者が行いました。
業務の目的を的確にとらえ、必要にして充分な機能を過不足なく実装しています。

最低限の入力データで価値あるアウトプット

通常、製造業の管理会計(実績原価計算)を行うには、材料、部品の受払実績、工数実績などの
原価計算基礎データが必要です。

これらを正確、タイムリーに収集するしくみの構築が困難で、管理会計を断念される
ケースも少なくありません。

スタート段階では、マスタデータ等からの理論値算出機能(バックフラッシュ)を活用し
実績データがなくても、意思決定に役立つ管理会計情報を作成します。

スタート段階がが完全に定着化したら、必要性を判断し、実績収集のしくみを含めて、
次のステップ(実績原価計算)に進みます。

>実績原価計算の詳細はこちら

生産革新活動(TPS トヨタ生産方式の導入)を成功に導く業績の見える化

なぜ、ジャスト・イン・タイムなのか?
自分達の改善は、どのように、どのくらい経営改善に結びついているのか?

これらの問いに明確に答えられるしくみがないとTPSの導入活動は停滞してしまいます。

ProSeeは、ジャスト・イン・タイムへ向けた現場力の進化を会計情報で見える化する考え方
を組み込んだツールです。

お客様の取引銀行支店長からも「これはいい!会社の実態、改善のプロセスがよく見える」との評価をいただきました。

ページの先頭へ

機能

ログインユーザー毎にメニュー項目(使用可能機能)の制御が可能

ログインするユーザーによって使用できる機能を制御するしくみを搭載しています。

画面の表示(表示項目、名称、幅、表示順序)はマスタの設定でお客様の思い通り

画面に表示(表示項目、名称、幅、表示順序)はマスタの設定で、お客様が普段使用されている用語、見易い表示に合わせられます。

いろいろなデータの抽出、集計条件の指定が可能
検索データは、ボタンひとつでExcelファイルへ出力

ドリルダウン検索

集計表から明細表へなど、ドリルダウン検索が可能です。

ページの先頭へ

提供形態

クラウド(SaaS)

---SaaS(Software as a Service)とは---
ソフトウェアをユーザー側に導入するのではなく、ベンダ(プロバイダ)側で稼働し、機能をユーザーがネットワーク経由で活用する形態

  1. サーバー(ハード、OS、データベース)をご用意いただく必要がありません。
  2. データのバックアップ等のサーバー管理の手間が不要です。
  3. 子会社の原価計算データも本社(親会社)で参照可能になります。

オンプレミス---自社内にサーバー、データベースをおいた運用も可能です。

原価情報の作成、活用コンサルティングとセットで提供

どのような考え方で原価を算出したら良いかわからない
原価情報の見方、活用を指導して欲しい

とお考えのお客様には「原価情報の作成、活用コンサルティングサービス」をご提供します。

入門から、究極の原価管理まで、弊社パートナー(大学での研究者、公認会計士、中小企業診断士)
の知財を含めてご提供します。

その他付属サービス

  • 業務システム開発フレームワークの提供
  • 原価管理周辺の業務システム開発

原価管理システムProSeeについては、こちらのページもご覧ください