トップ > ProSeeとは

毎日の儲けを見える化!製造業向け 原価計算・管理会計システム

ProSeeとは

ProSeeは、製造業向けの原価計算・管理会計システム(経営情報システム)です。
生産革新活動を成功に導く業績管理の考え方(流れ志向管理会計)を組み込んだ世界で唯一の原価管理システム!
正しい経営判断をサポートし、会社の稼ぐ力(キャッシュフロー収益力)を向上します。

ジャスト・イン・タイムに向けた現場力の進化を会計で見える化する考え方とセットで提供

ページの先頭へ

ProSeeの狙い

これからのグローバル競争を勝ち抜くためには、数値(金額)情報に基づいた正しい経営の意思決定と的確でスピーディーな改善アクションが不可欠です。
ProSeeは、業績情報を適切なセグメント(事業、製品群、製品)に分けて、日々算出するとともに、過去からのトレンドのグラフ化で今の実態をより鮮明に見える化し、お客様の経営の進化をサポートします。

製造業の場合、こうしたしくみをつくるには原価計算が必要になります。
原価計算は、各社各様、百社あれば百通りのしくみがあると言われる分野で、自社に合ったしくみをつくるには、制度設計、情報システム開発、運用の定着化に多額の費用がかかるとされてきました。
(かなりの時間とお金をかたのにもかかわらず、期待した効果が発揮できていないケースも少なくありません)

ProSeeは、この問題の解決を開発当初からテーマにした「製造業の原価計算、管理会計のフレームワーク型パッケージ」です。
ProSeeをご採用いただくことにより、お客様の業種、業態、マネジメント欲求にピッタリ合った、真に役立つ原価管理のしくみが短期間、低価格で構築できます。

プロシーの狙い

ページの先頭へ

機能概要

管理会計

実績原価計算の結果情報(売上原価、在庫高)と、 売上情報、費用(販売費及び一般管理費など)から「損益・キャッシュフロー結合計算書」を作成します。
会計情報から作成した各種KPI ( Key Performance Indicators 重要業績指標)の表示が可能です。
(非会計情報の取り込みも可能です)
月別グラフ、移動平均グラフで各指標のトレンドを見える化します。


※管理項目の分類は、マスタで設定できます。

実績原価計算

お客様ご使用のシステムから原価計算の基礎データ(部品、材料の受払実績など)をリンクし、実績原価計算を行ないます。
標準原価計算/実際原価計算、個別原価計算/総合原価計算が可能です。>実績原価計算の詳細はこちら

実績原価計算

※原価費目の分類は、マスタで設定できます。


品目別原価計算

部品表、標準工数などから製品別の標準原価を作成します。
ここで作成した標準原価を実績原価計算に組み込むことにより「標準原価計算(標準と実績の対比、差異分析)」が可能になります。

品目別積上原価計算


ページの先頭へ

※原価費目の分類は、マスタで設定できます。

画面サンプル



※その他の画面のサンプルは資料をご請求ください。

ページの先頭へ

動作環境

原価管理システムProSeeについては、こちらのページもご覧ください