トップ > よくある質問

原価計算、管理会計システム「ProSee」について


Q:製造業といっても色々な業種がありますが「ProSee」の得意としている業種は何ですか?


「ProSee」は、フレームワーク型パッケージなので、各種設定によりお客様に最適なしくみをプログラムの追加開発なしで構築できます。
特定の業種は、意識していません。
事例としては、機械装置、電気機器などの組立主体の業種、電子部品、自動車部品、プラスチック成形品、金属製品などの加工主体の業種があります。
個別生産、見込生産、プロセス製造業、ハードウェア製造以外の業務(設計、ソフトウェア開発など)にも対応しています。


Q:会社規模としてはどのくらいの規模を想定したシステムですか?


事例でのご回答です。年商10億円から1,000億円の事例があります。
処理時間、レスポンスはハードウェアの性能にも関係しますが、問題なく動作しています。


Q:導入にかかる費用はどれくらいですか?


費用は、ProSeeの適用範囲、クライアント数などによって変わってきます。
資料をご請求いただいたお客様に標準価格表を提示しています。
(本ホームページには、標準価格は記載していません)
大手同種製品のトータル費用(パッケージ+追加ライセンス+カスタマイズ+立上げサポート)と比較した場合、「ProSee」の方がはるかに安価です。


Q:「流れ志向管理会計搭載」とありますが、どのようなものですか?参考図書はありますか?


「流れをつくり、回転で稼ぐ」ことを目的とした、生産のしくみ改善の成果を、見える化する管理会計です。キャッシュフロー、及びトレンドを重視します。
「流れ志向管理会計」は、弊社アドバイザーの河田 信 氏(名城大学名誉教授)の理論をベースに弊社が実務展開(実行ツールの開発)を行ったものです。
参考図書として河田氏の著作「ジャスト・イン・タイム経営入門」(中央経済社)をおすすめします。


Q:段階的な導入(例えば標準原価をつくる計算、その次に実績原価計算、その次に損益・キャッシュフローの計算)は可能ですか?


可能です。


Q:これまで原価計算をやってきていません。知識もありません。大丈夫ですか?


大丈夫です。
弊社で作成した「原価計算入門」資料などを用いて、一般論、貴社で実践する場合の具体的方法をわかり易くご説明いたします。


Q:実績原価計算を行うための基礎データ(部品、材料の受払実績、工数実績など)の精度に問題があります。 先ずは、この問題を解決してからと思いますがどうですか?


原価計算の結果が信頼できない、使えないというケースの大半が基礎データの問題だと思います。
「この問題を解決してからではないと無駄。意味がない」という考えもあろうかと思いますが、原価計算をやるからこそ問題が明らかになり、解決への本気度、スピードが上がるとも考えられます。
私は工場経理の実務出身ですが、当時、その会社では経理部、原価計算担当の仕事は、原価計算の結果をふまえ、基礎データの精度向上も含め、会社のお金の流れとモノの流れの正常化を関係部門へはたらきかけることだと考えられていました。
よって、私は基礎データの精度が悪い、すなわち会社のお金の流れ、モノの流れ、資産の管理に問題があるからこそ、原価計算を行うべきであると主張します。


Q:製造間接費の配賦を改善したいと思っています。機能はありますか?


製造間接費の配賦は、細かく考えすぎるとキリがなくなる世界ですが、活動基準原価計算という技法もあり、目的を見極めたうえで、改善を図る(考え方を明確化する)ことは必要であると思います。
また、「間接費の配分がブラックボックスになっているので見える化したい」とのお話しもよく伺います。
「ProSee」には、この問題を解決するツールとして「配分設計図をシステム上に書く。その配分設計図に従って配分計算を行う」という機能があります。
また、システムの外で時間当たりの単価(賃率、レートなどとも呼ばれます)を求めておいて計算するという方法にも対応しています。目的を明らかにしたうえで、お客様の状況を伺って良い方法をご提案いたします。


Q:原価計算から財務会計につなぐ仕訳情報を出力することは可能ですか?


可能です。


Q:標準原価を毎月見直ししたいと考えています。可能ですか?


可能です。


Q:標準原価以外にも設計時点の原価を部品表からの積上げで計算したいと考えていますが可能ですか?


可能です。
「ProSee」では、用途別に部品表、単価を持つことができます。
標準原価算定とは異なる用途の部品表、単価を使用して標準原価以外の積上原価を計算し活用できます。


Q:管理会計に予算管理の機能はありますか?


あります。


Q:現状、生産管理システムはオフコンで動いています。「ProSee」と連携することは可能ですか?


可能です。
csvファイル連携となります。


Q:市販の生産管理パッケージ(オープン系)を使用しています。連携実績はありますか?


複数の生産管理パッケージと連携した実績があります。
データベースリンクの方法をとるケースが多いです。


ページの先頭へ

その他全般について


Q:原価計算システムの見直しを自社開発を前提に検討中です。「ProSee」の導入の予定はありませんが、アドバイス(コンサル)だけをお願いすることは可能ですか?


可能です。


Q:原価管理システムに「ProSee」を採用した場合、「ProSee」の画面標準で生産管理や在庫管理を自社開発したいと思っています。そのようなことは可能ですか?


可能です。
弊社は「ProSee」を開発するにあたってプログラム品質の向上、開発効率の向上を目的として、パターン別の画面標準、画面表示定義情報の外部テーブル化などの取り組みを行ってきました。
これを弊社では、「ProSee開発基盤」と呼んでいます。
「ProSee」をご採用いただいたお客様には、この「ProSee開発基盤」を無償でご提供します。
「ProSee開発基盤」は、ログイン、メニュー(権限制御)、単票更新、一覧更新、一覧検索などの機能が揃っていますので、お客様の業務システム開発の品質、効率の向上に資する雛形(部品)としてご活用いただけます。


Q:以前、ある会社の製品の資料を請求したとろ、後からしつこく電話がくることがありました。そのような心配はありませんか?


弊社は、電話による営業は行っていません。
ご心配なく、情報収集の一環として、お気軽に資料請求してください。
お客様からのお電話によるお問い合わせ、ご質問はもちろん大歓迎です。
お気軽にお声がけください。


Q:ソートウェアは、なぜ「ProSee」を開発したのですか?


弊社代表の原が、工場経理出身で、その会社が生産革新活動としてトヨタ生産方式の導入を行ったこと(25年前のことですが)や、お客様へのシステム提供部門へ異動して、数々のお客様と接し、お教えいただいたことによるノウハウの蓄積があったこと、キャッシュフロー経営の時代とは言われるものの、本当の意味で実践されているお客様が少ないことを実感したことから本製品の開発に着手しました。
また、弊社は、大学での研究者、公認会計士、中小企業診断士、TPSコンサルとご縁があり、その方々との議論を通じて、継続的に本分野の研究ができる環境にあったことも大きな要因となっています。

弊社メンバーは、全員が製造業(製造業系システム会社)出身であり、ひとりひとりの実体験に、上記支援者が提供してくださった知財を加え、何よりもお客様に「何のために何が必要なのか」お教えいただきつつ、「ProSee」をより良いものへ改善しつづけていく所存です。
何卒、よろしくお願い申し上げます。


原価管理システムProSeeについては、こちらのページもご覧ください